製品デザイン責任者、ステイシー・ウルフが語るデザイン哲学とは

タイアップ記事:PRESIDENT Online

2017年上期においても、PC出荷台数の世界第1位を記録したHP。同社が究極のモバイルPCとして開発している「Spectre(スペクトル)シリーズ」は、各国のエグゼクティブに高く評価され、PRESIDENT Onlineでも取り上げてきた。

第1回 パートナーと呼ぶにふさわしいプレミアムノートパソコン
第2回 ユーザーの“感性”に訴える注目の1台!

その最新作として2017年11月17日に発表されたのが、滑らかな艶消しのセラミックホワイトボディに淡いゴールドをあしらった世界最薄(※)のタッチモバイルPC「HP Spectre 13」と、上質な質感のボディに最高レベルの性能を備え、プライバシー保護機能も選択できる2in1コンバーチブルPC「HP Spectre x360」だ。

2015年の分社化以来、デザイン分野でも大改革を押し進めてきたHPが世に問う両製品は、鞄や時計、万年筆など自身の持ち物にこだわり、従来のPCには飽き足らないユーザーの感性に訴える“新たな価値”を提供する。同社のデザイン部門の責任者として「Spectreシリーズ」のデザインも統括したステイシー・ウルフ氏に、製品へ込めた思いやデザイン哲学などを聞いた。

※年間100万台出荷する Windows OS または OSX 搭載のPCベンダーにおける、クラムシェルタイプのタッチ対応ディスプレイ搭載ノートPCの高さを測定した結果に基づきます。(HP調べ、2017年9月15日時点)

高度なファッション性と最新テクノロジーの融合で、ユーザーの潜在的なニーズを形に

──画一的なデザインが多いモバイルPCの分野において、「Spectreシリーズ」ではどのような価値を提供したいと考えていますか。

ユーザーのリテラシーが向上した現在、特にプレミアムセグメントにおいては、機能・デザインの両面でPCに求められるレベルは明らかに上昇しています。またこの数年、新素材の活用や加工技術の進化でより洗練された仕上げが可能になるなど、デザインの面でも大きな変化が起こりました。そこで高度なファッション性と最新のテクノロジーを融合させ、一流の時計やスーツを選ぶような人が手にするにふさわしい、新たな選択肢を提供したいと考えたのです。

単に必要なテクノロジーを積み上げ、製品の形にしたモバイルPCではなく、ユーザーのライフスタイルを体現するかのような独自の魅力をもつPC。その姿を描き出すには、具体的な製品、色、素材を示して想定ユーザーの反応を見る一般的な調査だけでは不十分です。ユーザーは今、何に興味を持ち、何を求めているのか──。リサーチ会社の協力も得ながら、その答えをと新たなPCのあり方を探っていきました。

ステイシー・ウルフ(Stacy Wolff)
HP Inc. パーソナルシステムズ インダストリアルデザイン担当バイスプレジデント

コンパックなどでデザインチームの責任者を務めた後、HPに入社。プレミアムブランド「HP Spectreシリーズ」や「HP ENVYシリーズ」といった受賞作品のデザインを手がけ、「HP EliteBookシリーズ」や「HP ProBookシリーズ」のデザインでレッドドット・デザイン賞、iFデザイン賞やI.D. マガジン賞などを受賞。


1 2 3