ハイセンスなアイディアとテクノロジーでもっと自由に。

「身につけるのは100%気に入ったものだけ」CLANE・松本恵奈さんのモノ選びのルール

記事提供:

「EMODA」のプロデューサーを経て、2015年に「CLANE」を立ち上げた松本恵奈さん。ハイセンスなファッションと流行を生み出し続ける彼女の、こだわりのモノ選びとは? 独自のルールについて教えていただきました

# ワードローブに選ぶのは「100%気に入ったもの」だけ

ーー ファッション業界の第一線で働く松本さん。毎日膨大な量の服と出会うと思いますが、ご自身のワードローブはどう選ぶのでしょう?

松本さん:いちばん大切なのは、自分自身がその服を気に入っているかどうか。CLANEの服を作るときも、トレンドを意識しつつもどこかに必ず自分らしさを入れます。あまりトレンドばかり追っていても、自分らしさがなくなっては意味がない。品質やデザインなど服を選ぶ優先順位は人それぞれですが、自分が100%好きだと思う服を大事にしたいですね。

ーー 今日のコーディネートのこだわりはなんでしょう?

松本さん:今日は、CLANE18SSの新作に出すシャギーボレロが主役。薄手なので寒い時期はアウターのインナーに着用できて、暖かくなったら軽い羽織として使えるので便利です。一枚取り入れるだけでコーディネートが決まるアイテムですね。

# メイクアイテムには、ブレない「軸」を持つ

ーー 松本さんのメイクといえば、さらりとした美白肌にマットリップが印象的。どんなことにこだわってメイクをしていますか?

松本さん:服を先に選んで、そのあとにメイクを合わせます。ポイントは、やりすぎず抜け感をしっかり出すこと。たとえば色使いが多いとか柄物の服だったらメイクはシンプルにします。服を選ぶのと同じで、自分が好きか、自分らしいかを考えます。メイクもトレンドにはあまり左右されないですね。

ーー 最近、特にお気に入りのアイテムを教えてください。

松本さん:今はシュウウエムラの「ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット」。赤の中でも明るい色味で、服に合わせやすいところがいいですね。ツヤリップを好む女性は多いと思いますが、わたしはモードな雰囲気を出せるマット一択です。

1 2 3

ページの先頭へ