EMILYさん

ジュエリーブランド「EMILY/BLUE」と「Emily Iris」のデザイナーであるEMILYさんは、Instagramでも人気のファッションアイコン。芸能界の友人からも支持されるハイセンスなジュエリーを創作し続ける一方で、私生活では0歳の男の子を育てる母でもあります。
「EMILY/BLUE 」が誕生したハワイでのエピソードやブランドへのこだわりについてお話を伺いました。

「ありきたりじゃないものを作りたい」が「EMILY/BLUE 」の原点

「EMILY/BLUE 」は8年くらい前、ハワイに住んでいたときに始めたんです。私が自分で作っていたピアスをつけていたら、ハワイでセレクトショップをしていた友人から「それかわいいね。うちの店に置いていい?」と声をかけてもらったことがきっかけでした。当時のハワイでは、輪っかの中に貝をあしらったピアスやタツノオトシゴやヒトデを使ったアクセサリーが流行っていたんですね。でもこれではリゾート色が強すぎて、日本に帰ってからは使いづらいなと思ったんです。そこで、日本に帰ってからもつけてもらえるようなデザインにしたいと思い、天然石を使用したり、アシンメトリーのピアスを作ったりしていました。

「EMILY/BLUE 」はアメジスト、シトリン、クリスタルを中心に、他にはあまりない配色、例えばオレンジと緑、紫と黄色などを組み合わせた、シンプルの中にもカラフルさがあるのが特徴です。友人のセレクトショップはアラモアナショッピングセンターにあったのですが、そこから好評をいただくようになり、ワイキキも合わせて5店舗くらいに置かれました。Spick & Spanさんに卸していたこともあります。帰国してからは店頭やオンラインで販売しています。

平日は息子との時間をたっぷりとって、週末はデザインに集中

息子が生まれるまでは、Spick & Spanさんのジュエリーブランドとコラボをしたり、新宿伊勢丹や阪急うめだ本店、ハワイ系のイベントなどでポップアップ・ストアの店頭に立ったりもしていました。でも今はオンラインに限定しています。接客してお客様と話せるのは楽しいのですが、子育てと両立させるのはなかなか難しいですね。基本的には息子との時間を大切にしたいので、夜、息子が寝ている2~3時間や、土日に夫が散歩に連れて行ってくれている間に集中して作っています。

ハワイにいたときは、月に1回何種類かを作ってセレクトショップに行き、バイヤーにチョイスしてもらっていました。一方でSpick & Spanさんや日本のお店とのコラボではあらかじめ注文されたものを作ります。オンラインショップでは、写真を撮ってアップするのも自分でやっているんです。お客様から「長さを短くしてください」「ピアスをイヤリングにしてください」などのご要望があれば無料で対応しています。

実は私、デザインをするために絵を描いたことがないんです。これまで60~70種類くらい作ってきましたが、最初から「このデザインにする」と決めていたのではなく、「これ、いいかも!」というひらめきがあったときにそのまま作って、できあがったものをアレンジしていって完成させています。

モデル時代の友人が配色やデザインを「いいね!」と紹介してくれた

私自身、20代のときに約10年間「ヒラタオフィス」に所属して、CMやポスター、雑誌のモデルなどの仕事をしていました。その頃からの友人とずっとつながっているので、「EMILY/BLUE 」を始めたときも、モデルのお友達が配色やデザインを見て「こういうの売っていないよね」とブログで紹介してくれたんです。それもあっていろいろな方から「つけたい」と言っていただけるようになりました。

友人の誕生日に「EMILY/BLUE 」や「Emily Iris」をプレゼントすることもあります。その人のためだけに、ほかでは売っていないデザインで作るのでとても喜んでくれますよ。

10金とダイヤをあしらった「Emily Iris」がスタート

去年から材料に10金とダイヤを使った「Emily Iris」というシリーズをリリースしました。これからは「EMILY/BLUE 」に加えて、「Emily Iris」にも力を入れていきたいですね。このブランドはより上質な大人の雰囲気が漂うシリーズになっていて、オンラインではこれから販売する予定です。「Emily Iris」を始めたことで、さらに幅広いお客様につけていただけると思うと今から楽しみです。

 

 


また、男の子もつけられる様な赤ちゃん用の帽子やヘアバンドなどもやっていこうかなと思ってます。男の子を産んでみて、女の子のオシャレなアイテムは多いけど、男の子のものは少ないことに気が付きました。「あ、いいな」と思うと海外の商品だったということもよくあり、それならと思い、デザインしていこうと思っています。来年の春には販売できるように計画中なので楽しみにしていてください。今後も、独特な配色やデザインのアイテムを発信し続けていきたいと思います。


EMILYさんのバッグの中身

息子が一緒だと、どうしても荷物が多くなってしまうので、自分のものは必要最低限のものを持ち歩くようにしています。抱っこひもをすることもあるので、バッグの中身は軽い方がいいですよね。今日は息子もいるので、ぼんぼりのついたポーチにおむつとおしりふきが入っています。アイスクリームの形をしているのはボバティー(タピオカミルクティー)の歯固め で、息子のお気に入りです。日々の予定はシンプルなスケジュール帳で管理しています。家事や育児をしていると手荒れが気になるので、いい香りのハンドクリームで気分を高めながら手のケアもするようにしています。

– PROFILE –
Emilyさん

| Emily
@emilybluejewelry

5年間に渡るハワイ生活を経て、2012年ジュエリーブランド「EMILY/BLUE 」を設立。
企画、デザイン、制作まで一貫して行う。
独自のセンスを活かしたデザインが口コミで広まり、モデルやタレントの愛用者も多数。
オンラインストアもついに去年オープン!

 

 

関連リンク

「PUR」プロデューサー:八木下泉
「PUR」プロデューサー八木下泉さんが語る田舎暮らしの魅力

韓国トレンドライター:高井香子
韓国トレンドライター高井香子さんおすすめ!働く⼥性の韓国ご褒美旅行