インテリアブロガー ひよりさん

こだわりの住空間で豊かに過ごす日常を綴ったブログ「ひよりごと」が大人気のインテリアブロガーひよりさん。HP Spectre(スペクトル) x360 13を使っていただき、より楽しく、快適な日常の過ごし方を伺いました。

パソコン選びの最優先事項は「インテリアに馴染む」こと

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

パソコンを選ぶときのポイントは「デザイン」と「スペック」です。機能的なところはもちろん重要視しますが、インテリアに馴染むことが第一条件。まずはデザインで選択肢を狭めていって、その中からスペックを見て選んでいます。

今はデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットを使っています。2階のワークルームにデスクトップパソコンを置き、1階にノートパソコンを置いています。タブレットはオーディオのリモコン用になっていますね。

デスクトップパソコンは27インチと画面が大きいので、ブログを書いたり、画像のチェックや処理作業をするときに使っています。1本のブログ記事を書くのに5~6時間かかるので、夕方からずっとデスクトップパソコンの前にいることが多いです。

昼間は1階でノートパソコンを使っています。使うと言ってもインターネットで検索したり、メールを確認したりがほとんどなので、気がついたときにちょくちょく使う……という感じです。

仕事の打ち合わせで活躍するHP Spectre x360 13のタブレットモード

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

HP Spectre x360 13はノートパソコンとしてだけでなく、タブレットのようにも使えるのがいいですね。今、持っているタブレットは、オーディオのリモコン以外ではあまり使っていないんです。とにかく文字が打ちにくくて。

その点、HP Spectre x360 13は文字入力もノンストレスだし、タブレットモードで使いたいときの画面切り替えもスムーズなので、仕事の打ち合わせのときなどに便利。複数人で確認や検討したいときに、くるっと画面をひっくり返してタブレットモードにして、みんなで確認できるのはいいです。

出張にも持って行きたいですね。とにかく持ち歩きたい(笑)。気に入ったデザインだから新幹線の中でも使えます。側面はエメラルドカットになっていてとても独創的だし、エッジのゴールドがキラッと光るのがかわいいから、バッグに入れていてもワンポイントになります。

キッチンに最適なHP Spectre x360 13のテントモード

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

ノートパソコンでレシピを見ながら料理をするときに、テントモードは便利です。タブレットだとスタンドが必要になるけど、HP Spectre x360 13ならそれもいらないし、場所もとらないので。

実は最近、ノートパソコンでレシピを見ながら料理をしていたときに、アクシデントでポタージュが飛び散ってしまうという失敗をしまして(笑)。飛び散ったポタージュがキーボードにかかって、キーの隙間に入ってしまったんです。拭きとったので表面的にはキレイですが、隙間から入ったポタージュはそのまま。それが、なんとも気持ち悪くて……。それ以来、キーボードをフラットに置きたくないんですよ。

テントモードだと、液体が撥ねてもキーボードは背面にあるので、今回のような被害に遭わずに済みそう。調理中は何かと撥ねますから(笑)。

寝室の雰囲気を崩さないHP Spectre x360 13のアッシュブラック

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

アッシュブラックの色合いもとても気に入っています。雰囲気があって。寝室にあるデスクにもインテリア的に合うなと思いました。HP Spectre x360 13はエンターテイメント用に使いたいので、寝る前に映画を観るときにも活躍してくれそうです。

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

映画はベッドに入って観ることが多くて、膝の上にノートパソコンを置いて、Bluetoothで音源をスピーカーに飛ばして鑑賞しています。HP Spectre x360 13は、これまで使っていたノートパソコンより軽いので、いいですね。

ソファでは、いつもアームの部分を背にして、横になった姿勢でネット検索やショッピングをすることが多いのですが、膝が曲がるので、ノートパソコンだと使いにくい。でもタブレットだと文字入力しづらいので、いつもスマホを使っていました。

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

HP Spectre x360 13をタブレットモードにすれば、腿の上に立てかけて使えます。画面サイズが大きくなるだけでも使い勝手は全然違いますから(笑)。

HP Spectre x360 13には「使って・触って」初めてわかる魅力がいっぱい

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

ノートパソコンには余計なソフトなどはインストールしないで、常にサクサク動く状態にしておきたいタイプなのですが、HP Spectre x360 13はほんとに動きがスムーズなので、ノンストレスです。

カリスマブロガーひよりさんに聞く HP Spectre x360 13で作る快適ライフ

ノートブックモードでもタッチ画面が使えるのは、相当便利ですね。画像の拡大とかスクロールとか、スマホのように微調整できるって、すごい。これに慣れてしまったら他のノートパソコンは使えなくなるんじゃないかとさえ思います。

とても感動したのは、充電アダプタのコードと電源ボタンの場所!写真だとわかりにくいかもしれませんが、コードのデザインがおしゃれなんです。複数の色の繊維で織り込まれたようなデザインになっていて、コードにまでデザイン性を求めるところにこだわりを感じました。

そして、エメラルドカットされている角の一片には充電アダプタのコードが差し込めるUSBポートが、反対側の角には電源ボタンがあるんですが、角を使うっていうのが、まず新鮮!例えば暗い室内でも電源ボタンの位置に迷わないので、手探りですぐつけられそう。考え込まれた設計だなと感動しました。

こだわりぬかれたデザインに実用性も兼ね備えていて、一度使ったらその魅力にすっかり魅了されました。

– PROFILE –

| ひより

インテリアブロガー
楽天ブログ「ひよりごと」(https://plaza.rakuten.co.jp/hiyorigoto/)でインテリアを中心としたおしゃれな生活やお気に入りのアイテムを紹介して、一躍人気ブロガーに。『「ひよりごと」我が家の逸品』(イースト・プレス)など書籍化もされている。

ひよりさんも絶賛のHP Spectreシリーズ

Spectreシリーズの詳細はこちら 〉

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

関連リンク

 

HP Spectre x360 13と過ごす 私の一週間

 

「好き」という道しるべ