自立した女性とは

「自立した女性」というのはどのような人のことを言うのでしょうか。

自立とは、自分以外の他から支配や助力を受けずに、自分の力で物事をやっていく事を言います。

今回は、自立した女性の特徴について考えながら、自立した女性の魅力や生き方、働き方などについて考えてみたいと思います。

まず、自立した女性というと以下のような特徴があげられるのではないでしょうか。

  • 自分の「考え方」や「意見」がはっきりしている
  • 他人に依存していない
  • 経済的に独立している
  • 自己解決能力がある

自分の「考え方」や「意見」がはっきりしている

意見や考えのはっきりした女性

自立した女性は、自分自身の考え方や意見がはっきりしています。

他人の考えや意見に左右されず、自身の考えに基づいて意見をはっきりと言えるのが特徴です。

逆に自立をしていない人は、他人の考えに流されやすく、意見を求められても相手の様子を伺ってしまい自分の意見を言えなかったりします。

他人に依存していない

自立した女性は、誰かに依存することなく、自らの力で生活する事ができます。
また、他人に依存せずに、自分の考えや判断で物事を考え判断する事ができます。
そのため、周りに流されず自分のペースや自分の判断で生きていく事ができます。
他人に流されずにいられるので、流されやすい人よりも無駄なストレスを溜めずに済みます。

経済的に独立している

自立している女性は、経済的にも独立している人が多いのが特徴です。
経済的に自分の収入だけで暮らしていけるため、他人に依存する必要がないのです。
そのため、他人からの干渉や支配を受けづらく、自分の考えをベースに行動し、判断する事ができます。
経済面での自立は、精神面での自立にも好影響を与えるのです。

最近は女性の活躍推進や女性の雇用拡大により社会で活躍する女性の数も昔に比べると格段に増えています。今の仕事や待遇だと経済的な独立が難しいと感じているようでしたら、仕事や職種を見直してみるのも1つの手かもしれません。
女性の力を必要とする仕事は増えているため、新たな可能性が見つかるかもしれません。

自己解決能力がある

何か悩みや問題があっても自分で解決できる能力が高いのも特徴です。
自分を知っているから、感情だけにとらわれず冷静に、客観的に自分を見つめ解決することができます。
他人に頼らず、自分で何とかできるからこそ自立した女性といえるのではないでしょうか。

自立した女性の働き方

自立した女性の働き方

自立した女性に欠かせないのが、経済力です。経済力をつけるために、キャリアアップを目指したり、独立したり、と自分を磨き続ける努力をしています。
努力をして自分を磨き続けているから魅力的に映ります。

自立した女性は責任をもって働き、自分が持っている能力やスキルをいかし、また現状に満足することなくそれらを磨き続ける努力をしているため組織でも必要とされます。
誰かに依存するのではなく、周りから頼りにされる存在・働き方です。

また、自立した女性の働き方を語るうえで、家庭との両立も重要な観点です。イクメンという言葉が流行り、家事や育児を積極的に手伝う男性も増えていますが家事や育児はどうしても女性の負担が大きくなってしまうものです。子供を授かれば独身の頃と同じペースで働くのはとても難しいです。
仕事での責任を果たしながら、家庭を犠牲にしないためにどうしていくのか?
自立した女性は、家庭と仕事のバランスを取るのも上手です。

自分ができる範囲を冷静に見極めて、仕事でも家庭でも無理をし過ぎないように調整し、周りからのサポートも得ながら物事を進めます。
自立している人は、仕事でも家庭でも自分がこなせる範囲をしっかりと線引きし、できない部分は周りからサポートを得られるように立ち回ることができます。

自立した女性のキャリアとは

自立した女性は、どのようなキャリアを送っているのでしょうか?

自立した女性は、やりたい事や得意な事を生かして自分のキャリアをしっかりと考えて経験を積んでいます。

組織の中でバリバリのキャリアウーマンとして働く女性もいれば、自分のやりたい事を見つけて、それを実現できる仕事や環境に進んでいく人もいます。

共通していえる事は、自分の意志でキャリアを選び、悔いのない生き方を選んでいるという事です。

大きな組織や誰もが憧れる華々しいキャリアももちろん素敵ですが、キャリアアップだけが全てではありません。

自立した女性は、自分らしい働き方や待遇を選択し、自己実現ができる環境を選んでいます。

周りに流されずに自分の進みたい道を進んでいるのです。

自立した女性になるためにできることとは

自立した女性像

では自立した女性になるためには何をすればいいでしょうか。

1つは、組織や企業の中で自分の能力やスキルを磨き、一人で生きていくのに必要な収入を稼ぐ事です。経済的に独立することで、他人に左右されない自立した生き方を目指せるようになります。
そのためには、仕事をする上で任せられたことや自分でやると決めたことを他人任せにせずにやりきる力を持つことが必要です。

次に、自分の将来を考えてみましょう。仕事でどんな立場になりたいか、どんな働き方をしたいか、どんな家庭を築いていきたいか、など理想や目標を決め、そのためには何が必要で、どんな環境に身を置くかを考えることが大切です。
また、周囲の協力も必要不可欠です。パートナーからの理解や家族のサポートも重要です。
仕事でも私生活でも自分の意見と責任を持てるような女性になりたいですね。

自分を磨いて、自分に自信を持ち、考えや意見を発信できる。自立すること=頼らない、ということではありませんが一人でも生きていける精神力や経済力を持ち、自分で選択して行動できる力は必要です。
誰かに依存し、流されることなく自分の考えで意思決定をし、行動していくことは大きな財産になります。

女性は男性よりも、人生の転換期が多いです。そこで、どのような選択をしていくかが鍵となります。
自分が目標とする姿を実現するために何が必要か考え、目標に向かっていきましょう。

【自立した女性になるためのポイント】

  • 自分の意見を持つ
  • 自分の将来像を考える
  • 自分を磨いて自信を持つ

【まとめ】

ライフスタイルが多様化する中で、女性の生き方も様々なスタイルが生まれています。昔と違い、比較的自由にライフスタイルや働き方を選べるようになりました。逆を言えば、決まった生き方はなく、自分自身で選択し、進んでいかなくてはいけなくなったとも言えます。誰の責任にもできないからこそ自分の力で生きていかないといけない重圧もありますが自立ができれば自由度が増えるのは事実です。

どんな生き方をしていても大変なことは訪れるものです。大変だからこそ、他責ではなく自責の精神で自分自身で選び取ってやっていくことができれば達成感や満足感は何倍にもなるはずです。自立は一人さみしくいることではなく、自分の意志をもって選択していく自由を手に入れることなのです。自分の責任で生き方を選ぶからこそ、自立した女性には魅力があるのだと思います。