スマートフォンは便利だけれど。

日常のふとしたことを気軽に撮影したり、それをインスタでシェアしたり。スマホは、「表現」を誰にとっても身近なものにしてくれました。しかし裏を返せば、その表現はスマホでできる範囲のこと。知らず知らずのうちに、私たちの毎日の発想は「手のひらサイズ」になってしまっているかもしれません。

記事提供:キナリノ

たとえばよいペンを一本持つと、自然と物が書きたくなります。その書き味につられて、考えてもいなかったような発想が次々でてくる。そして結果的に、本当の自分の考えを「発見」することができる。いい道具とは、知らず知らずのうちに自分の心の内を解き放ち、自由な発想を引き出してくれるものといえます。スマホ以外の表現ツールを意識的に持つことで、「自分らしさ」を洗練させることができるかもしれません。

「手のひらサイズ」の発想を抜け出す >>

自分らしさを洗練させよう

自分の言葉を引き出す

たとえば「自分の言葉を持ちたい」と思った場合、ブログなど言葉を綴りやすい表現の場をつくることはもちろん、考えを生み出して発信する端末は「書き味」のようなしっくり感を味わえるものを選ぶ。持った時の質感やタイプの感触が、「自分の言葉」を引き出してくれます。
そんな自分らしい感性を引き出してくれるのが『HP Spectre x360』。手にしっとりと馴染む上質な触感で、使うたびに気持ちが高まり、愛着を感じることができるパソコンです。洗練されたデザインだけでなく、パソコンとしての性能もハイスペック。360度画面が回るから、立てて使ったりタブレットのようにつかったり、日常のあらゆるシーンで活躍してくれます。

自分の言葉を引き出す『HP Spectre x360』の質感とデザイン

自分らしさを「解き放つ」一台。

上質なスタイルを纏いながら、用途に合わせてダイナミックに姿を変える。それが、使う人の自由自在なアウトプットを生み出す。そんな新しいスタイルの表現ツールが『HP Spectre x360』。

写真に手書きのニュアンスを加える

写真で表現する時も、今は「アングルを決めて撮影」⇒「フィルターでアレンジ」という作業ですが、せっかくビジュアルで表現するものなので、そこに「手書きのニュアンスを加える」のはいかがでしょうか。『HP Spectre x360』ならペタンとタブレット型に折りたたんで、付属のペンで自在にフリーハンドのイラストや文字を描きこむことができます。テキストよりも手書き文字の方が今の感情をたくさん込められますし、イラストを加えると表現の幅は無限大。

その場のみんなとダイナミックに考える

誰かと一緒に考える時は、言葉のやりとりよりも具体的なイメージを一緒に見ながら話したほうがアイデアは膨らみます。そんな時はディスプレイをペタンとデスクに倒して、気になるところに手書きでメモを書き入れていくとダイナミックかつスピーディにアイデア会議ができます。

ダイナミックなアイデア会議をしてみたい >>

スキマ時間に映画鑑賞を

いつも持ち歩く相棒のような存在だから、ちょっとしたスキマ時間を素敵な時間に変えてくれます。たとえばおうちのティータイムなら、スタンドモードでテーブルの上に広げて映画鑑賞を。見やすいアングルに調整ができるので、楽な姿勢で好きな映画の世界に入り込むことができます。

スキマ時間を鑑賞時間に変える >>

レシピを見ながら新しい料理に挑戦

テントモードを使えばキッチンの狭いスペースにも置けるから、レシピを検索しながら新しい料理に挑戦する時にも便利。液晶画面をタッチしてスクロールできるので、ちょっと込み入った料理でもストレスなく見ることができます。

タッチ&スクロールでレシピを見たい >>

新しいヘアアレンジに挑戦

テントモードで鏡の前に置けば、画面を見ながらスタイリングができるので、気分に合わせて新しいヘアアレンジに挑戦することができます。スマートフォンからフリースタイルのパソコン『HP Spectre x360』に持ち替えることは、新しい自分のスタイルを自由に選択していくことといえます。

新しいPCで新しい自分のスタイルを見つける >>

HP Spectre x360』で自分スタイルに磨きをかけよう

好みに合わせて選べる3色

シンプルで洗練された「ナチュラルシルバー」と、深みのある基調にゴールドのアクセントが美しい「アッシュブラック」。さらに季節限定カラーの「ローズゴールド」の3色から、自分の好みとスタイルに合わせて選べます。
新しい自分をつくるのは、新しい表現ツール。自分の感性を解き放つ一台『HP Spectre x360』があれば、新しい日常が始まります。

『HP Spectre x360』を公式サイトでチェック