小林有里(こばやしゆり)さん

10歳と3歳の娘さんの母であり、アクセサリーブランド「LILYS」のデザイナー、小林有里さん。Instagramのフォロワーが7万人を超えるファッションリーダーでもあります。アクセサリーデザイナーとして、時にはモデルとしてファッションに関わる小林さんに、これまでのキャリア、ファッションへのこだわりを伺いました。

スナップショットが人気No.1になり読者モデルになった小林有里さん

もともとファッションが好きで、学生のときにアパレルショップでアルバイトをしていたんです。興味があって始めたアルバイトでしたが、「仕事」となるとかなりのエネルギーが必要だなと感じました。お客様に洋服をおすすめするのは楽しかったのですが、売り上げの競争など、厳しい面もあったので。その後ファッションとは別業種の会社に就職し、結婚を機に退職して主婦になり、24歳のときに長女を出産しました。

今から7,8年前ですかね。2歳の娘と夫と3人で表参道を歩いていたら、小学館の『SAKURA』という女性ファッション誌(2015年休刊)のスタッフさんに「街角スナップに出ませんか」と声をかけてもらったんです。そのときのファッションですか?タートルにスカート、ヒョウ柄のレギンスを合わせてという感じで普通です(笑)。後日、そのスナップが1番人気になったとのことで、「次回もどうですか」と継続して声をかけていただくようになりました。そのうち「専属でやりませんか」というお話をいただき、5年くらい専属の読者モデルをしていました。16時には保育園に迎えに行かなければならなかったので、それまでの時間でやりくりしていましたね。

「LILYS」を立ち上げ。アクセサリーデザイナーとして子育てと仕事を両立

『SAKURA』で読者モデルをしているときに、知人の革工房で「レザーの端切れが勿体ないから、これを使って小物を作ってみたら?」と声をかけてもらったんです。そこから、アクセサリーブランド「LILYS」をオンラインショップで始めたことがきっかけで現在に至っています。子どものころから母の影響で縫物が好きだったことや独学でアクセサリーを作っていたこと、通信教育で勉強していたジェルネイルの技術や、色彩検定2級、カラーコーディネーター3級の資格を持っていたことなどが基盤にありつつ、自分でコーディネートを組んでいるときの「この洋服にこの色があったらいいな」という感覚をデザインに反映しています。

おかげさまで好評をいただいていてデザインをする時間がなかなかとれないので、子どもが学校や保育園に行っている時間に集中してやっています。それでも間に合わなければ、子どもが寝たあとに「デザインデザイン……」って(笑)。今は、より洗練感を出したくてブランド名を「LILYS」にしたので、ますますいろいろなお客様に知っていただけたらいいなと思います。

小林有里さんのファッションのこだわりは自分らしさを表現すること

洋服も髪型もそうですが、ファッションって自分を表現するものですよね。「今日のファッション、小林さんらしいね」っていわれるのが嬉しいです。普段は、カジュアルでもどこかに女性らしさを出すようにしています。パーカーなら生地を厚めにしたりデニムにヒールを合わせたり。ジャケット+デニムのように、おだんごヘアが映えるようなスタイルを選ぶことが多いかな。以前は髪型もピシッとしていたのですが、もっとやわらかく見せたいと思うようになりました。ジャケットでも肩が抜けたような感じにしたり、ニットでデコルテをきれいに見せたりするのもお気に入りです。

子どもと一緒だとニットに黒いスキニーかデニムを合わせることが多いですね。カーディガンを羽織ることもあります。服を選ぶときは靴から選びます。今日はたくさん歩くからスニーカーにしようとか、買い物に行くから疲れないヒールの靴にしようなどと考えて、そこから何を着て行くか決めています。

スタイルの維持のためには、ドカ食いをせず、“ちょいちょい食べ”がおすすめです。私、実は水が苦手で。味がないじゃないですか(笑)。なのでそこは無理をせず、その代わりに食物繊維をしっかりとっています。3歳の次女のお迎えに電動なしの自転車で往復1時間ほどこぐのもいい運動になっていますね。途中に坂があるので結構キツイんですよ。それからヨガもやっています。ヨガアライアンスの勉強をしていたこともあるのでその時に習った基本のポーズを家でもやっています。

人とのつながりが世界を広げてくれる

 

『SAKURA』のスナップを撮ってくれたときのライターさんと今でもつながっているんです。思い返してみると、あのことがなかったら全く違う人生でした。恩人ですね。こんな風に、いろいろな人とのつながりのおかげで今があると思っています。本業は2人の娘の母親でありアクセサリーデザイナーですが、一緒にECサイトのモデルやカタログのモデルをやらせていただいたり、「Oeil(オエル)」というサイトでセレクトさせていただいたり、ファッション関係のお仕事も数多くさせていただいています。これからも、目の前のお仕事、出会いを大事にしていくことでどんどん世界が広がっていくといいなと思います。

 

小林有里さんのバッグの中身

基本的に荷物は少なめでコンパクトにまとめています。メイク道具は最低限しか持ち歩かないです。子どもも使えるので、アロベビーという保湿用のスティックバームは重宝しています。顔や体が乾燥した時、手を汚さずに使えるので、手軽に保湿することができるんです。スケジュール管理は手帳派です。モレスキンのマンスリーソフトに自分と家族の予定などを書き込んでいます。表紙に名前を印字しているので愛着もわきます。グミは子どものものがそのまま入っていました(笑)

– PROFILE –
小林有里さん

| 小林 有里
@lilyshandmade

1984.7.6生まれ
7歳差姉妹の子育てをしながらアクセサリー/シルバージュエリーブランド「LILYS」のデザインプロデュースやモデル業、アパレル商品のバイイングなどを手掛ける。シンプルなファッションスタイルを発信するInstagramが人気。

 

 

関連リンク

インスタグラマー:金子麻貴
フォロワー20万人超!インスタグラマー金子麻貴さんファッションセンス、スタイル維持の秘訣

 
「EMILY/BLUE」デザイナー:EMILY
芸能⼈も愛⽤するジュエリーブランド「EMILY/BLUE 」の原点と子供が産まれて広がる世界