プレ花嫁とは、結婚を控えている女性のこと。プロポーズを受け、プレ花嫁になった瞬間から、幸せオーラ全開の楽しい日々が始まります。

でもね…のんびり幸せ気分に浸っているだけではもったいない!
プレ花嫁には、やるべきことがいっぱい。だって、人生で一度の特別な日を迎えるための準備で、実は大忙しなんです♪

思いを全部叶える結婚式にするため!プレ花嫁はパワー全開♪

なぜプレ花嫁が忙しいの?
準備はプロに任せるものじゃないの?
なんて思うかもしれませんが、大切なメモリアルな日を最高にハッピーに過ごすためには、プレ花嫁自身がイニシアチブをとらなくちゃ!

さぁ、パワー全開で結婚式の準備をスタートさせましょう!

式場選び「ここで失敗したら台なし!?」

プレ花嫁が最初にやることは式場選び。自分が思い描いた通りの結婚式を演出するために、どんな会場で式をあげるかはとても大事です。まずはネットでどんな式場があるのか調べましょう。口コミや会場の写真まで、くまなくチェック!スマホでは分かりづらいから、パソコンの大きな画面で見ることもお忘れなく。一見素敵に見えても、よく見ると微妙にイメージと違うなんてこともありえるので、慎重に選んでくださいね。

結婚式プロフィールムービー作り「こだわりの自作でゲストをおもてなし♪」

プロフィールムービーを成功させるために大事なのは、写真選び。自分がかわいく写っている、彼がカッコよく写っている写真はもちろん、ゲストが知らない思い出写真や、ゲストがくすっと笑ってくれるようなユニークな写真を、バランスよく盛り込みましょう。ゲストの気持ちになって編集すれば、きっと楽しくて素敵な結婚式プロフィールムービーを自作できますよ。

ドレス選び「うれしい楽しい!だけじゃない…時には冷静に」

純白のウェディングドレスだけでなく、お色直しのカクテルドレスなど、1着では終わらないのがドレス選び。素敵に見えるドレスも、あなた自身に似合っているかどうかがポイントです。ドレスを何着も試着していると、これもいいし、あれもいいし…と悩んでしまうかもしれませんね。そんなときは、試着して撮影したものを、あらためてパソコンの大きな画面でチェック!そうすれば、あなたを最高に輝かせてくれるドレスを選ぶことができるでしょう。

結婚式の打ち合わせ「後悔しないためにイメージを正確に伝えよう」

結婚式の打ち合わせは、プロに相談にのってもらいながら進めます。だからといって、プロ任せではダメ。思い描いた通りの式にするには、イメージを正確に伝えることが大事です。口で伝えるだけでなく、イラストや画像で説明しましょう。そんなときはディスプレイを回転させて、タブレットモードにすると効果的!あらかじめイメージが伝わる画像を用意してタブレットの画面を見せれば、相手にきちんと伝えることができますね。

結婚式の手作り招待状を準備「ゲストにもワクワク感を伝えよう」

大切な人たちに、自分たちの門出を祝ってもらう結婚式。ゲストのみなさんに「この結婚式、楽しそう」「2人を心からお祝いしたい」と思ってもらえるような招待状を、手作りしませんか?パソコンを使えば招待状作りは簡単です。手書きの文字を入れたり、写真やイラストを入れたり、結婚式のイメージに合わせた手作り招待状で、ゲストにワクワク感を届けましょう。

お料理選び「事前の試食で、失敗なし!」

結婚式の打ち合わせと共に、しっかりと吟味しておきたいのがお料理。メニューの内容を確認しておくことはもちろん、試食をして味のチェックもしておきたいですね。結婚式のお料理が美味しくて心に残るようなメニューなら、ゲストのみなさんが喜んでくれること間違いなしですよ。

最後にもう一つ、当日にこんなサプライズを用意してみては?

ゲストからのメッセージに感謝の気持ちをのせた、花嫁からのサプライズ!

結婚式当日、ゲストひとりひとりの写真を撮ってパソコンに取り込みます。ディスプレイを回転させてタブレットモードにしたら、写真の上にアクティブペンで一言ずつメッセージを書いてもらいます。一見、花嫁・花婿へのサプライズに思えますが、実はそうではありません。

もらったメッセージに、さらに花嫁&花婿が感謝のメッセージを書き加えるんです。これもタブレットモードなら簡単にできちゃうんですよ。そしてムービーにして結婚式の最後に流せば、ゲストへの感謝を伝えるサプライズムービーに変身!きっと、みんなの心に残る、素敵な結婚式を演出できるでしょう。

プレ花嫁が準備する、結婚式サプライズのすべて!

結婚式当日の幸せな姿をみんなに見てもらうだけでなく、ゲストにも喜んでもらえる最高の式にできるかどうかは、プレ花嫁の腕のみせどころ!
こだわるところはしっかりこだわって、花嫁&花婿だけでなく、ゲストも含めた全員の笑顔があふれるような結婚式になるよう、はりきっちゃいましょう。
限られたプレ花嫁の時間、楽しく充実した日々を過ごしてくださいね。