「子どもを産んだ後も仕事したい!」という女性は、女性の社会進出とともに増えてきています。でも、出産前はワーママがどんな毎日を送っているのか想像がつきませんよね。初めての子育てだけでも想像ができないのに、子育てしながら仕事をするなんてどうなるの?と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、夜型ワーママと朝型ワーママのとある1日のスケジュールをご紹介します。子育てしながら仕事をすると1日の流れはどのようになるのか。ぜひ参考にしてみてください。

「ワーママ」とは

「ワーママ」は「ワーキングマザー」の略で、子育てしながら働いているママのことを指します。かつては、結婚や出産を機に退職する女性がほとんどでしたが、最近は働き方も多様化し、確実にワーママは増えてきています。

「育児も仕事もバリバリこなしてかっこいい!」とポジティブなイメージがある一方で、「小さいうちから子どもを預けなくても…」というネガティブなイメージで見られることも。
仕事と育児を両方こなす、専業主婦で子育てに専念する…どちらにもメリット・デメリットがありますよね。
ところで、ワーママの働き方にもいろいろなパターンがあるのをご存知ですか?

例えば最も多いのは正社員として働いていて、結婚・出産を経験してもそのまま働き続けるパターン。最近では産休、育休も完備されている会社が多いので、休みの間はしっかりと育児に専念し、育休が終わったら子どもは保育園に預けて職場復帰します。
会社によって異なりますが、子どもが一定の年齢になるまでは時短勤務ができる会社もありますので、「いきなりフルタイムで復帰するのは難しそう…」という不安も解消できます。
ただし、独身時代のように仕事をこなすのは難しいという意識は必ず持っておきましょう。
仕事中にも保育園から連絡がくることも多々ありますし、帰宅すると待ったなしで育児と家事が待っています。気が付くと家事がたまってしまい、休日にまとめてやると休みなしという毎日が当たり前のように続いていきます。もちろん、上手に時間をやりくりして両立させているママもいますが、慣れるまでは心身ともに疲れてしまう方が多いようです。

子どもが起きている時間はしっかりと子どもと向き合って、朝や夜に家事や自分の時間を持つママはかっこいいですし、そんな生活が理想ですよね。

ワーママのスケジュールを追う

時間を上手に使っているワーママのスケジュールはどんなものなのでしょうか。今回は、夜型ワーママと朝型ワーママのスケジュールを追ってみました。

夜型ワーママの1日

ワーママ夜型スケジュール

・6時
起床。自分の身支度はある程度整えておく。
タイマーをかけておいた洗濯物を干す。
・6時半
夫と子ども起床
夫に子どもの着替えをお願いしつつ、朝食の準備を行う。
・7時 朝食
・7時半
子どもと一緒に家を出発
通勤の途中で保育園によって子どもを預けていく。
・8時半
会社着
・17時半
退社。退社後は、保育園に子どもをお迎えに行く
・19時
帰宅。夕飯準備、洗濯物取り込み
・19時半
夕飯
・20時
子どもとお風呂
・20時半~21時
読み聞かせ&寝かしつけ
子どもが寝たら、夕食の後片付けと、残っている家事をする。
主な家事は、洗濯物をたたむ、保育園のお便りチェック&明日の準備、
フローリングワイパーでさっと掃除など。

一通り家事が終わったら自分の時間。

・0時
就寝

朝方ワーママの1日

朝のコーヒー

・4時半 起床
自分の身支度をした後、朝食準備、掃除、洗濯をする。
この時に保育園のお便りチェック&今日の準備も一緒に。
一通り終わったら自分の時間。
・6時半
旦那と子ども起床。
子どもの着替えを手伝う。
・7時
朝食
・7時半
子どもと一緒に家を出発。
通勤の途中で保育園によって子どもを預けていく。
・8時半
会社着
・17時半
退社
退社後は、保育園に子どもをお迎えに行く
・18時半
帰宅、夕飯準備、洗濯物取り込み
・19時
夕飯
夕飯が終わったら、さっと後片付けしてしまう。
・20時
子どもと一緒にお風呂
・21時
就寝
子どもと一緒に布団に入って読み聞かせ&寝かしつけ。
そのまま一緒に就寝。

いかがでしょうか?それぞれの生活リズムを見て、どちらが自分に合いそうか想像できそうでしょうか。

早起きが苦手な人は夜型、夜子どもと一緒に寝てしまうという人は朝型に切り替えるなど自分の生活スタイルに合わせてみてください。

また、両方のワーママの共通点、それは自分の時間もしっかりと作っているところ。この時間に独身時代から続けてきた趣味や、読書など自分のために時間を使うことで忙しい毎日でもリフレッシュができるでしょう。

家事を効率的にこなすポイント

1日のスケジュールを見れば想像いただける通り、ワーママは常に時間との戦いです。だからこそ、家事は少しでも効率よくこなしたいですよね。日々の家事を効率的にやるポイントは、ズバリ3つです。

1,時々は手抜きする

すべてを完璧にしようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。それに、精神的にも余裕がなくなってイライラし始め、つい子どもに当たってしまうなんてことにも。
例えば掃除は、曜日によって掃除する場所を決める。食事はすべて手作りしようとするのではなく、お惣菜を活用する。思い切ってたまには外食するなどして、ほどほどに手抜きをすることも大切です。

2,家電やサービスの力を借りる

家事代行サービス

最近の家電は、高機能で便利なものが多く、ワーママが活用しない手はありません。
例えば食洗器。少し前までは「汚れが残る」「結局は人間が洗ったほうがきれいになる」と言われていましたよね。しかし最近の食洗器は機能もグレードアップし、予備洗いをしなくてもそのまま食器を中に入れるだけで終了。
いままで後片付けをしていた時間を自由に使うことができます。

お掃除ロボットもワーママには嬉しいアイテム。本当は毎日掃除機をかけたいけど、朝は準備に追われて時間がない。夜帰ってからだと、音が気になってかけられず…結局休日しかできなかった、なんてことも。
その点掃除ロボットは、出かける前にセットしておけば自動で掃除をしてくれまるのです。気づかなかった小さな食べかすや、いつのまにか隅に溜まった埃もしっかり吸い取ってくれます。

また、最近は家事代行サービスも充実しています。毎日ではなくても、週に1回~2回プロに依頼するだけで掃除の負担もだいぶ変わります。もしプロに依頼するなら、自分でキレイにするのが難しい水回りの掃除などを頼むのもよいですね。

3,旦那さんと分担する

ワーママ旦那のヘルプ

一人暮らしの経験がある男性なら、最低限の家事はできるはず。食事の後片付けや洗濯など出来るものをお願いして、出来ないものはこれを機に覚えてもらいましょう!
基本的な分担を決めておいて、どちらかの仕事が忙しい場合はお互いにフォローし合いながら家事ができるのが理想的です。
どうしても家事が苦手という旦那さんであれば、育児を任せてみてはいかがでしょう。お風呂に入れてもらう、絵本の読み聞かせや寝かしつけなどをお願いできれば、その間に家事を進めることができます。

ワーママに理解のある職場を選ぶ

ワーママにとって、働く場所というのはとても重要です。
産休や育休が取りやすい職場であることはもちろんですが、女性が少ない、ワーママがいない職場であればどうしても周囲の理解を得られず、辛い思いをしながら働くことになってしまいます。

職種によっては産休・育休前から職場復帰の準備しておく

特に、育休前から残業が多い会社、もしくは専門的な職種の場合、職場復帰から即戦力を求められがちです。周りにワーママの先輩がいれば、復帰後の生活リズムや大変だったこと、準備しておいたほうがいいものなどを聞いておきましょう。
また、何かあったときにすぐに相談できるよう、上司や同僚とは良い関係を築く努力をしましょう。ワーママを続けていくには、助けを求めやすい環境づくりをしておくことが重要です。

在宅可、フレックスタイム制、時短勤務可などの条件で探す

就職・転職活動をする際に意外と見落としがちなのが、「ワーママとして続けていけそうかどうか」というポイントです。テレワークに代表される在宅勤務も少しずつ普及していますので、家で子どもを見ながら仕事をすることもできます。

また、フレックスタイム制を導入している職場であれば、ある程度自分で時間を調整することができます。基本的には朝早めに出社して夕方に帰宅する、もしくは旦那さんが早く帰れる日は少し遅めに出社して、夜帰るという働き方もできます。
また、時短勤務ができる職場であれば子供や家事に充てる時間が増えて嬉しいですよね。
ただ、仕組みだけはあるけどワーママがいないという職場もあるので、会社を決める前に出産後の勤務体系などをしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ワーママはとにかくやることが多いので、時間の使い方が重要です。朝型と夜型ワーママのスケジュールをご紹介しましたが、自分の生活スタイルと照らし合わせてみて、朝早く起きるか、夜に時間を作るか参考にしてみてください。
また、ワーママが仕事・子育て家事を両立させるには旦那さんの協力が必要不可欠です。自分一人で抱え込まずに、手を抜けるところは手を抜く、お願いできることはお願いするなどして、一人で頑張りすぎないことが重要です。