メイクをして、髪をセットして、今日は何を着ていこうか・・・。
女性って朝から大忙し!最近になって「働き方改革」や「ワークライフバランス」なんて言葉を頻繁に聞くようになりましたが、昔の女性の働き方はどうだったのしょうか?

今回は、まだ「働き方改革」などという言葉もなければ、女性の社会進出も十分に進んでいなかった30年前と現代の女性のワークライフをご紹介します。

朝の過ごし方

【昔】

従業員が一同にそろう朝。一日の業務の始まりは朝礼でした。月末なんかになると、未達ノルマをいかにして達成するのか、上司からの激が飛ぶなんてことも・・・。
この時間を営業や他の業務に使えば効率的になると皆が思っていましたが、企業のトップダウン体質が強かった当時は、誰もそんなことを指摘できませんでした。

【今】

業務効率化や労働環境改善の風潮によって毎日終電で帰るなんてことも減ったため、その分朝を有効に使う「朝活」をする人が増えました。ネットが発達したことで、必ずしも従業員全員を集めて連絡事項を共有する必要もなくなりました。また働く時間を自分で任意に決めることができる「フレックスタイム制」を導入する企業が増えたのも「朝活」をする人が増えた一因かもしれませんね。

職場でのファッション

【昔】

当時、会社勤めの女性はOL(オフィスレディ)と呼ばれ、会社支給の決められた制服を着るのが一般的でした。だから、会社に到着して一番にすることといえばロッカールームでの着替え!男性社員は自分のスーツで出社してそのまま退社できるので、「羨ましい!」と思っていた方も多いはず。

【今】

女性だってオフィスを飛び出して働く時代です。
男性社員と同じようにビジネスカジュアルの範囲内だったらオシャレを楽しめるようになりました!
やっぱりオシャレをしていると自分に自信が持てるので、仕事の面でもプラスにはたらきます。

事務作業

【昔】

月末恒例、大量の事務仕事!
帳簿に書かれた金額をひたすら電卓で叩く作業。単純だけど大切な仕事です。でも、全ての計算が終わってチェックをしてみたら金額が合わなくて、また一から計算なんてことも・・・。

【今】

帳簿管理が紙からデジタルになり、月末に改めて数字を入力したりする作業は不要。見たい項目の算出ボタンをワンクリックするだけで計算完了!
あの頃の努力は何だったんだって思ってしまいますが、時代の進歩に感謝です。

遠方とのやり取り

【昔】

遠方の相手との商談は基本、出張して行うのが原則。海外まで行ってクライアントと散々ミーティングをしたのに、その案件が失注するなんてこともたびたび起こりました。当時は航空券が今より高かったですし、経費も膨大にかかるので海外と取引するのは大手企業が主流でした。

【今】

ビデオ会議で世界中の人と気軽にミーティングができるようになりました。同じプロジェクトを何年も一緒にやっているのに実際に会ったのは数えるほどなんてこともざら。移動の負担は減りましたし、経費もほとんどかからないので海外でのビジネス展開も容易にできる時代になりました。

憧れの対象

【昔】

「男は仕事、女は家庭」という固定概念がまだ残っていた時代。働く女性たちは「自分もいつかは家庭に入るもの」というビジョンをなんとなく描いていました。だから3高(「高学歴」「高収入」「高身長」)の人を見つけて寿退社する女性はみんなの憧れでした。

【今】

女性にも出世コースが開かれた現在。結婚という選択肢だけが女性の幸せではなくなりました。
プライベートと仕事を両立してバリバリ行動できる女性って誰の目から見てもかっこいいですよね。

仕事終わり

【昔】

今でこそ、プライベートの用事を理由に会社の付き合いを断ることも、当たり前になりましたが、
当時はそんなのご法度!上司が「もう一軒行くか!」なんて言い出したら最後。
今までに何度も聞いた、若かったころの武勇伝を終電まで聞くことに・・・。

【今】

卒業から10年。昔はとても仲が良かったけど、その後は音信不通だった友人。
SNSのおかげで、そんな友人とも再びつながることができるようになりました。
青春の思い出を、最近はやりのグランピングで思う存分語り合うなんてのも素敵ですね。

いかがでしたか。働く女性の今と昔。
こうして見比べてみると、今がどんなに恵まれた時代なのか実感しますね!
でも、ほかの国と比べるとままだ発展途上なところがあるのも事実。
今後、働く女性たちがもっともっと無理せず自分らしく活躍できる環境になっていくといいですね!